文字の大きさ

岡山県玉野市安心・活力・支えあい みんなで築く自立都市

平成29年11月1日開催 庁議議事概要

2017年12月6日

◆開催日時

平成29年11月1日(水) 午前9時10分~10時20

 

◆出席者

市長、副市長、政策財政部長、総務部長、市民生活部長、健康福祉部長、 

産業振興部長、建設部長、消防長、会計管理者、病院事業管理局参与、議会事務局長、

監査事務局長(兼選挙管理委員会事務局長)、総合政策課長

 

◆次第

1 月間主要行事

(1)平成29年秋の火災予防運動について

 

2 報告事項  

(1)平成30年度予算編成方針について

(2)東清掃センターの故障について

(3)平成29年10月22日執行玉野市長選挙及び衆議院議員総選挙結果について

 

◆議事概要

1 月間主要行事

(1)平成29年秋の火災予防運動について

【消防長より説明】
・資料のとおり。
[市民生活部長]
・林野火災は野焼き等から山に移った火事なのか。
[消防長]
・そのようなケースが多い。
[市民生活部長]
・届出をしていないということか。
[消防長]
・届出をしていたにもかかわらず、想定外に延焼する場合もある。

(1)平成29年秋の火災予防運動について.pdf(491KB)

 

2 報告事項 

(1)平成30年度予算編成方針について

【政策財政部長より説明】
・資料のとおり。

(1)平成30年度予算編成方針について.pdf(1MB)

 

(2)東清掃センターの故障について

【市民生活部長より説明】

・資料のとおり。

(2)東清掃センターの故障について.pdf(58KB)

 

(3)平成29年10月22日執行玉野市長選挙及び衆議院議員総選挙結果について

【選挙管理委員会事務局長より説明】

・資料のとおり。
・特筆すべき事項として、期日前投票が1万人を超え、投票者全体の36.7%に至った。要因としては、期日前投票が可能となる理由として「天災・悪天候」が加わったことが挙げられ、1,556件(全体の14.6%)が該当した。
・衆議院議員選挙については、期日前投票の理由として、「仕事等」が3,420件(32.2%)、「レジャー・用事等」が5,285件(42.9%)であった。
・今回、初めて4種類の投票用紙を配ることとなったが、無事に実施ができた。感謝申し上げる。
[市長]
・同じ投票日にもかかわらず市長選挙と衆議院議員選挙で有権者数が異なるのはなぜか。
[選挙管理委員会事務局長]
・市長選挙は市外へ転出すると同時に選挙権がなくなる。一方、衆議院議員選挙は転出しても、転出先で選挙権が発生しない場合は玉野市が対象となる。よって、衆議院議員選挙の方が対象者が多い。
[市長]
・18歳の投票率はそれなりに高いが、19歳になると低くなると聞くが、実際はどうなのか。
[選挙管理委員会事務局長]
・18歳は高校へ出前講座等を実施していることも影響している。19歳の場合は住民票を残したまま転出している場合も多い。
[政策財政部長]
・市長選挙と衆議院議員選挙で有権者数が異なることに関して、3か月間程度で400人が転出しているということか。
[選挙管理委員会事務局長]
・玉野市に転入してきても3か月間はカウントされないことも影響している。

(3)平成29年10月22日執行玉野市長選挙及び衆議院議員総選挙結果について.pdf(73KB)

お問い合わせ

総合政策課
電話:0863-32-5580
ファクシミリ:0863-32-5507

アンケート

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q. このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

  • ようこそ市長室へ
  • 玉野市子育て支援サイト
  • スマイルたまの!応援寄付金
  • 申請・予約
  • 市民参加
  • よくある質問