ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

危機関連保証の認定

  この制度は、国が、新型コロナウイルス感染症の影響により、中小企業・小規模事業者の資金繰りが逼迫していることを踏まえ、セーフティネット保証に加えて、危機関連保証を初めて発動することを決定しました。これにより、売上高等が急減する中小企業・小規模事業者においては、一般保証及びセーフティネット保証とはさらに別枠となる100%保証が利用可能となります。
 本市において、危機関連保証の認定受付を行います。

 危機関連保証(中小企業信用保険法第2条第6項)の概要及び保証限度額等ついては、中小企業庁ウェブサイト<外部リンク>にてご確認ください。

<指定期間>
令和2年2月1日~令和3年6月30

認定の要件

  1. 法人の本店登記場所(個人事業者は所得税確定申告書に記載のある事業所)が玉野市内であること。
  2. 金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としている。
  3. 指定案件に起因して、原則として、最近1か月間の売上高が前年同期比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高が前年同期比で15%以上減少することが見込まれる。

手続きの流れ

 玉野市に本店(個人事業主の方は主たる事業所)が所在する企業の方は、以下に記載されている必要な書類を商工観光課の窓口(産業振興ビル4階)に提出してください。
 市の認定を受けた後、金融機関または岡山県信用保証協会に認定書を持参し、保証付き融資をお申し込みください。

市の認定に必要な書類

その他

  • 市の認定を受けた場合でも、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。
  • 市長から認定を受けた後、本認定の有効期間内に金融機関又は信用保証協会に対して、危機関連保証の申込を行うことが必要です。
  • 制度の詳細については、以下の関連リンク(中小企業庁ホームページ)をご参照ください。

関連リンク

中小企業庁ホームページ<外部リンク> (危機関連保証制度)

うえへもどる