ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関連したお知らせ > 不妊治療の費用助成(新型コロナウイルス感染拡大に伴うお知らせ)

不妊治療の費用助成(新型コロナウイルス感染拡大に伴うお知らせ)

不妊治療の費用を助成する市の制度です

新型コロナウイルス感染拡大に伴う令和2年度の取り扱い

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成が、令和2年度に限り、年齢要件が緩和されました。
※玉野市の助成対象者の年齢要件も、岡山県の特定治療支援事業と同様に以下となります。

岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業(令和2年度の年齢要件の緩和による対象者)の変更

  1.対象者  

 令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦であって、令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期した場合は、助成を受けようとする治療期間の初日の妻の年齢を「43歳未満」から「44歳未満」に緩和します。
 ただし、対象となる治療は令和2年度に治療を開始したものです。

  2.通算助成回数について

 令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳である夫婦であって、令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期した場合は、初回申請時の治療期間の初日の妻の年齢が41歳未満であるときは6回までとします。
 ただし、初回申請時の治療期間の初日が令和2年度のものを対象とします。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う令和2年度における「不妊治療に悩む方への特定治療支援業」 [PDFファイル/383KB]

Q&A [PDFファイル/383KB]

玉野市不妊治療費助成事業

対象者
  1. 助成金の交付申請の日において、助成対象者又はその配偶者(法律上の婚姻関係を有する者に限る。)のいずれかが本市に住所を有すること
  2. 助成金の交付申請の日において、対象者及び世帯員に市税及び国民健康保険料の滞納がないこと
  3. 同一の不妊治療に関して、他の自治体(岡山県を除く。)から同様の助成を受け、また受ける予定でないこと

※令和2年度より、男性不妊への助成も対象となりました。

申請方法

 以下の玉野市不妊治療費助成金交付申請書に必要事項を記入の上、添付書類とあわせて、すこやかセンターへ提出してください。

【申請に必要な添付書類】

  • 岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書の写し
  • 岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診証明書の写し
  • 医療機関の発行する領収書
  • 住民票(続柄が記載されたもの)
  • 玉野市税務課発行の市税完納証明書(18歳以上の世帯全員)

【その他必要なもの】
 通帳等、振込先の口座番号がわかるものを持参

【申請の受付期間】
 治療費の支払いが終了した年度末(3月31日)まで
※ただし、2月15日から3月31日までに支払いを終了した場合は、翌年度の5月15日まで申請することができます。

 詳しくは、すこやかセンター(31-3310)へお問い合わせください。
玉野市不妊治療費助成金交付申請書 [PDFファイル/88KB]
※申請書はすこやかセンターにもあります。

関連リンク

  岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業 (https://www.pref.okayama.jp/page/detail-24211.html<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

うえへもどる