ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関連したお知らせ > 岡山県へ夏期における海岸周辺対策について要望書を提出しました

岡山県へ夏期における海岸周辺対策について要望書を提出しました

岡山県へ要望書を提出しました

 令和2年5月25日に緊急事態宣言が全面解除され、段階的な緩和に向けて全国的に社会活動や経済活動が再開していますが、解除後に感染者が増加している地域もあり、県外からも多数の来場者が見込まれる県内の海水浴場では、開設しないこととした自治体も多数あります。

 海水浴場開設中止に伴い、通常とは異なった管理体制となり、感染症拡大の第二波、第三波だけでなく、海岸周辺の混乱による治安の悪化や事故等が懸念されています。

 そこで、感染症拡大防止や海岸周辺の事故等の防止のため、県内の海岸周辺における夏期の対策について、岡山県において検討と実施をお願いする要望書を6月19日に各市を代表して玉野市長が岡山県に対して提出しました。

要望書提出者

【3市連名】

  • 玉野市長       黒田 晋
  • 備前市長       田原  隆雄
  • 瀬戸内市長    武久  顕也

【1市単独】

  • 倉敷市長       伊東 香織

要望事項

  1. 水上ブイ等の設置による来訪者と水上バイク等の交錯防止
  2. 海岸周辺の迷惑行為等に対する抑制
  3. 県警察に海岸周辺のパトロール強化等による治安維持対策の徹底を求めること

要望書

要望書 [PDFファイル/75KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

うえへもどる