ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長寿介護課 > 介護職員処遇改善加算の届出様式

介護職員処遇改善加算の届出様式

介護職員処遇改善加算の概要

1 介護職員処遇改善加算の仕組み

 介護職員処遇改善加算は、サービス別の基本サービス費に各種加算減算を加えた1月当たりの総単位数にサービス別加算率を乗じた単位数で算定します。
 ※制度の概要の詳細やサービス別加算率については、下記2に添付のフォルダ内の参考資料をご確認ください。

2 介護職員処遇改善計画書の作成

 介護職員処遇改善加算を算定する介護サービス事業者又は介護保険施設は、介護職員処遇改善計画書を作成してください。
 計画書の作成は毎年度行う必要があり、年度当初(4月)から継続して算定する場合は、前年度2月末日が提出期限です。また、年度途中から算定する場合は、算定開始月前々月末日が提出期限となります。
 ※提出書類については、次のフォルダのファイル「00_提出書類一覧表」をご確認ください。(フォルダ内の00番台が、計画書に関する様式等です。)

 介護職員処遇改善加算様式 [その他のファイル/595KB]

3 算定する加算が変更となる場合

  1. 「介護職員処遇改善加算に係る変更届出書」等の提出が必要です。
    提出書類については、上記2添付フォルダのファイル「10変更届等に係る提出書類一覧表」をご確認ください。(フォルダ内の10番台が、変更届に関する様式等です。)
  2. 次のホームページから、以下のファイルをダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、あわせて提出してください。

4 賃金改善の実績報告書の作成

 介護職員処遇改善加算を算定する介護サービス事業者又は介護保険施設は、各事業年度における最終の加算の支払いがあった月の翌々月の末日までに、玉野市長に対して、介護職員処遇改善実績報告書を提出してください。
 年度末(3月)まで加算を算定した場合、提出期限は翌年度7月末日が提出期限となります。
 ※提出書類については、上記2添付フォルダのファイル「20_実績報告書チェックリスト」をご確認ください。(フォルダ内の20番台が、実績報告書に関する様式等です。)

長寿介護課
長寿支援係
介護保険係
介護管理係
うえへもどる