ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宇野中学校の紹介

きまり 礼儀 克己

正門前から見た宇野中学校校舎の画像
正門前から見た校舎

校訓

きまり 礼儀 克己

教育目標

  1. 心情を豊かにし、合理的精神と創造的態度をもって真理を探究する人間の育成
  2. 自他の人格を尊重し、自主・自律の精神と実践力に富む人間の育成
  3. 環境をよりよくし、常に自他の安全に留意する人間の育成

指導の重点

生徒指導の充実強化

  1. 互いに認め合い支え合う集団づくり
  2. 基本的生活習慣の定着化
  3. わかる授業の推進
  4. 保護者等との連携強化
  5. 全教職員、全領域での人権教育の推進

本校の概要

 本校は、岡山県玉野市の中心である宇野港、JR駅の近くにあります。玉野市は瀬戸内海のほぼ中央にあり、岡山県では最南端に位置し、瀬戸内海に向かって東西約44キロメートルの海岸線を有しています。このため古くから海上交通の要衝として栄え、明治43年に宇高連絡船が就航し、昭和63年、瀬戸大橋の開通により廃止されるまでの80年間、本土と四国高松を結ぶ本州の玄関口として発展してきました。
 製塩、造船、精錬業が市の産業として発達してきましたが、瀬戸大橋の開通により、交通、流通の拠点性の低下、基幹産業の低迷等、本市を取り巻く環境には厳しいものがあります。これらの状況を打開するため、白砂青松の渋川海水浴場、多島美を誇る王子が岳の景観、瀬戸大橋の全容が望める地理的状況、温暖な気候、恵まれた海の幸等、優れた内海の風土を生かし、明るく健康な海洋レクレーション都市を目指して整備を進めております。
 学区内には築港駅前商店街や大型スーパー・メルカの他、自然に恵まれた深山公園などがあります。
 校舎は平成5年3月に新築され、スペイン風のモダンな校舎です。

関連リンク

うえへもどる