ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

玉中学校の紹介

あたたかく きびしく たくましく

玉中学校外観画像

教育目標

  1. 校訓 あたたかく きびしく たくましく
  2. 教育目標 豊かな心をもち、自主・自立の精神に富み、たくましく生きる人間の育成
  3. つけさせたい力
    1. 基礎学力と、自ら課題を見つけ、考え、学ぶ力
    2. 他人を思いやる心と差別や偏見をなくしていこうとする力
    3. 自己を見つめ、自らの生き方を考える力

学区の概要

 大正8、三井造船所が宇野地区から玉地区に移り、従業員社宅が県道及び白砂川沿いに建てられ、造船の街として発展してきました。本校発足以来、造船所従業員の子どもが約半数を占め、関連事業所含めると約60達していました。
 昭和44玉原地区住宅団地、翌45玉原企業団地、さらに48ら長尾地区住宅団地の開発が進められ、学区の産業や人口構造が大きく変容し、全生徒の60が玉原・長尾地区から通学しています。
 現在は、少子化や造船不況のために学区から転出する家族が増加し、生徒数の減少が続いています。

関連リンク

うえへもどる