ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

東児中学校の紹介

剛健 大和 信愛

東児中学校外観画像

校訓
 剛健:心も体もたくましく
 大和:真面目できよらかな心
 信愛:人には思いやりを

教育目標

人間尊重の精神に徹し、国際社会に生きる個性も心も豊かでたくましい生徒を育成する

重点目標

  1. 知的興味と関心を育み、基礎学力の充実を図る
  2. 基本的生活習慣の育成をめざし、家庭と地域との連携を密にした生徒指導の推進を図る
  3. 気力・体力を鍛え、健康で安全な生活を実践する生徒を育成する
  4. 仲間づくりに努め、差別を許さない生徒を育成する
  5. 郷土愛とボランティア精神にみちた生徒を育成する

学区の概要

 本校は、玉野市の東端に位置し、昭和22年に児島郡鉾立村外二ケ村学校組合立東児中学校として設立されましたが、昭和29年に小串村を除く鉾立村と胸上村の合併にともない、児島郡東児町立東児中学校と改称、その後、昭和49年の玉野市との合併により玉野市立東児中学校と改称して今日に至っていま
す。
 学区の面積は14.95平方キロメートルで児島半島東部の中心的位置にあります。
 胸上、石島は共に玉野市漁協の中心地であり、漁業の多様化に伴い、現在ではのり・ハマチ・ヒラメの養殖も行っています。一方、鉾立地区はほとんどが二種兼 業農家ですが、温暖な気候を利用してキャベツの周年栽培・エンドウの早作り・さつまいも(番田いも)・花の栽培など特色ある農業を行っています。

地図情報

東児中学校簡易地図

関連リンク

うえへもどる