ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > (情報提供)副業のガイドブックを購入させた後、電話勧誘により高額なサポートプランを契約させる事業者に関する注意喚起

(情報提供)副業のガイドブックを購入させた後、電話勧誘により高額なサポートプランを契約させる事業者に関する注意喚起

 令和3年6月以降、「1日の作業時間10分」の簡単な作業をするだけで稼ぐことができるなどというLINEのメッセージをきっかけに、最初に副業のガイドブックを購入させられた後、電話勧誘により高額なサポートプランを契約させられたという相談が各地の消費生活センターに数多く寄せられています。 

 消費者庁が調査を行ったところ、株式会社レイズ及び株式会社ゼニスが、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び断定的判断の提供)を行っていたことを確認したため、消費者安全法第38条第1項の規定に基づき、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけます。

  詳細については、以下のPDFファイルをご覧ください。

 消費者庁NewsRelease [PDFファイル/5.73MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

うえへもどる