ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 国民健康保険の資格の変更の手続き

国民健康保険の資格の変更の手続き

平成28年1月から国保の加入等の手続き時には、窓口で「本人確認」「マイナンバーの確認」を行います。
また、手続きに来られる方が代理人の場合は「代理権」の確認も行います。
必要な書類等については下記を参考にしてください。

 

戸籍や住所を動かしたり、保険の種類が変わったときは、手続きが必要です。

 戸籍や住民票の異動(出生、死亡、婚姻、転居等)があったときや、就職して社会保険等に加入(または退職して社会保険等から離脱)したときは、原則としてこれらの事由があった日から14日以内に、保険年金課窓口で手続きしてください。

 ※戸籍や住民票に関するご相談は、市民課へお願いします。

 

手続きに必要なもの

 届出の種類ごとに、必要となる書類が異なります。 ご不明な点があればお問い合わせください。

 

すべての手続きで共通して必要となるもの (すべて原本に限る)
必要となる書類など 注意事項
来庁者の本人確認書類 運転免許証、マイナンバーカード、在留カードなど。
 ※成年後見等の登記事項証明書は、来庁者の本人確認書類にはなりません。
世帯主のマイナンバー確認書類 通知カード、またはマイナンバーカード。
 ※通知カードは、本人確認書類にはなりません。
世帯主および来庁者の印鑑 認め印でも可。
ゴム印や浸透印など、印影が変形しやすいものは不可。
世帯主からの代理権を証する書面

委任状など (世帯主以外の人が手続する場合のみ)。

 

上記に加え、それぞれの手続きで必要となるもの

 戸籍や住民票の届出に伴う手続きは、その記載が完了していないとできませんのでご注意ください。

 

資格取得 (出生、転入、社会保険離脱 など)
異動事由 必要となる書類など
子の出生 (その他に必要となる書類はありません。)
  ※ 保険証は、住民票ができてから後日郵送となります。
転入 転入した人全員の、マイナンバー確認書類。
  ※ 海外から転入されたときは、別途ご相談ください。
社会保険を離脱

今まで加入していた保険の「資格喪失証明書」。
  ※ 様式が必要なときは、下記「資格取得・喪失連絡票」をご利用ください。

国民健康保険に加入する方全員の、マイナンバー確認書類。

 

記載内容の変更 (市内転居、世帯変更、氏名変更 など)
異動事由 必要となる書類など
市内転居 住所を異動した人全員の、マイナンバー確認書類。
世帯変更

世帯を変更した人全員の、マイナンバー確認書類

新世帯主が口座振替を希望するときは、振替口座の番号が分かるもの(通帳など)と、通帳の登録印。

氏名変更 氏名を変更した方の、マイナンバー確認書類。

 

資格喪失 (死亡、転出、社会保険等加入 など)
異動事由 必要となる書類など
死亡

お亡くなりになった方の保険証。

喪主の方の口座が分かる通帳など (葬祭費として5万円が支給されます。)

転出

転出する方全員の、国民健康保険証およびマイナンバー確認書類。

社会保険等に加入

社会保険等に加入した方全員の、新しい保険証と、今お持ちの国民健康保険証。
  ※新しい社会保険証等が手元にない場合は、下記「資格取得・喪失連絡票」でも可。

 

注意事項

  • 3か月を超えて日本国内に適法に滞在する外国人は、日本人と同様に国民健康保険への加入義務があります。
  • 日本人であっても、引き続き生活の本拠が国外にあり、日本国内には短期間しか滞在しないことが明らかなとき(治療を目的とした一時帰国等)は、国民健康保険に加入できない場合があります。
  • 住民票とは違う住所で暮らしているなど、生活の本拠(実態)が住民票上の住所と異なるときは、住民票の異動届出が必要です。

 

様式 (印刷してお使いください。)

資格取得・喪失連絡票 [PDFファイル/75KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

うえへもどる