ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境保全課 > 玉野市地球温暖化対策推進計画に基づく温室効果ガス排出量の推移

玉野市地球温暖化対策推進計画に基づく温室効果ガス排出量の推移

 平成28年度に策定した玉野市地球温暖化対策推進計画に基づき、令和2年度の市の事業に係る温室効果ガス排出量を算定しました。

市の事業に係る温室効果ガス排出量(令和2年度)

 
排出源

排出量kg-CO2

平成27年度(基準年度)

令和2年度

電気

(*1新電力換算) 

12,785,664

(10,345,807)

9,014,669

(8,431,548)    

廃棄物の焼却 6,807,430 5,740,333
A重油 1,322,751 1,285,067
CO2以外 *2 687,642 602,920
灯 油 464,227 338,403
ガソリン 176,268 157,903
LPG 90,173 66,832
軽 油 73,645 105,346

合 計

22,407,800

(19,967,943)

17,311,503

(16,728,352)

(*1)使用した電気量をCO2排出量に換算する係数は供給元の電力会社ごとに異なるため、年度比較においては、電気をすべて中国電力から供給されたものとして比較。( )の数値は、電力会社ごとの実際の係数を用いてCO2排出量に換算した実数。
(*2)車両使用、下水処理、し尿処理及びごみ焼却により排出されるメタン、一酸化二窒素等の温室効果ガスをCO2排出量に換算したもの。

温室効果ガス排出量の推移

suii

 

平成27年度との比較(削減)結果

  玉野市地球温暖化対策推進計画では、平成27年度と比較して、令和3年度までに温室効果ガスの排出量を22.8%削減する目標としています。

  実績値 令和2年度 22.7%減

  目標値 令和3年度 22.8%減

 設備の更新や節電等による電気使用量の減少、また、焼却ごみのうちCO2換算係数の高いプラスチックごみの割合が減少したことなどから、目標の達成に近い状況になっています。

 しかしながら、本計画策定以後、国の温室効果ガス削減目標が引き上げられていることから、今後、一層の温室効果ガス削減を目指す必要があります。

  • 国の目標:2030(令和12)年度に、2013(平成25)年度比で26%削減→46%に引き上げ
  • 国連目標:2030(令和12)年に、2010(平成22)年比で45%削減

 

うえへもどる