ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境保全課 > 玉野市地球温暖化対策推進計画に基づく温室効果ガス排出量の推移

玉野市地球温暖化対策推進計画に基づく温室効果ガス排出量の推移

 平成27年度に策定した玉野市地球温暖化対策推進計画に基づき、平成30年度における玉野市全事務事業(指定管理者制度施設を含む)の温室効果ガス排出量を算定しましたので公表いたします。

玉野市の温室効果ガス排出量の推移

 
排出源 排出量kg-CO2(平成27年度) 排出量kg-CO2(平成30年度)

電気(新電力換算) *1

12,785,664(10,345,807) 11,269,778(       -)
廃棄物の焼却 6,807,430 7,328,661
A重油 1,322,751 1,331,741
CO2以外 *2 687,642 700,752
灯 油 464,227 380,735
ガソリン 176,268 196,372
LPG 90,173 81,586
軽 油 73,645 112,046

合 計 (新電力換算)

22,407,800(19,967,943) 21,401,671(       -)

(*1)電気については電力会社によってCO2の換算係数が大きく違うため中国電力の排出係数を基準にしている。かっこ内の新電力は電力会社入札に伴い、参入した電力会社で使用した電力をCO2換算した実数。昨年度は中国電力のみの契約であったため、数値換算はなし。
(*2)“CO2以外”は車両使用、下水処理、し尿処理及びゴミ焼却から排出されるCO2以外の温室効果ガスをCO2換算している。

排出内訳の比較(上が平成27年度、下は平成30年度)

排出内訳の比較(上がH27年度、下は平成28年度)の画像1

 

年次総括

CO2排出量平成30年度 4.5%減(平成27年度比)
目標値 平成33年度 22.8%減(平成27年度比)

減少 電力使用量は平均的に使用量が減少している。

    暖冬のため、暖房に使用する灯油他燃料使用量が減少した。


増加 豪雨災害に伴い、焼却場に大量の災害廃棄物が搬入された。

うえへもどる