ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境保全課 > 小学生夏休み省エネチャレンジ受賞者決定!!

小学生夏休み省エネチャレンジ受賞者決定!!

令和3年度小学生夏休み省エネチャレンジ受賞者が決定しました。

集合写真

 

<市長賞> 荘内小学校 5年 木村 優斗(きむら ゆうと)さん

市長賞

木村さんは、自分が捨てているごみの量を測って、分別することで燃えるごみをどれだけ資源ごみにすることができるか調査することにチャレンジしてくれました。

調査していく中で、燃えるごみの中にリサイクルできそうなものがたくさんあることに気づいたそうです。

 

<議長賞> 荘内小学校 5年 小田 快瑠(おだ かいる)さん

議長賞

小田さんは、節水や節電にチャレンジしてくれました。

顔を洗う時に水を出しっぱなしにしていたのをやめたり、意識してこまめに電気を消すことを心掛けてくれたそうです。

チャレンジしてみて、節水や節電が意外と難しいと感じたそうです。

 

<会長賞> 荘内小学校 6年 三宅 央杏子(みやけ ちあこ)さん

会長賞

三宅さんは、食品ロス軽減にチャレンジしてくれました。

にんじんの皮まで使うきんぴらを作ったり、細かくくだいた卵のからでコップの汚れを落としたり実践してくれました。

 

三人とも夏休みだけでなく、今もチャレンジを続けてくれているそうです。

 

緊急事態宣言およびまん延防止等重点措置期間が解除されたとはいえ、コロナウイルス感染症岡山県秋のリバウンド防止期間中でもあり、残念ながら表彰式は行えませんでしたが、賞状と記念品をお渡しすることができました。

今回、『省エネチャレンジ』は初めての取り組みでしたが、市内の小学生(4年生~6年生対象)36名が応募してくれました。

初めてだったので、『何に取り組むか』から考えて、実践して・・・と難しかったと思いますが、参加してくれたみなさんありがとうございました。

これからも地球温暖化対策として、省エネにチャレンジしてくださいね。

 

うえへもどる