ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 福祉政策課 > 初回の産科受診料を助成します

初回の産科受診料を助成します

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0037064 更新日:2023年11月1日更新

経済的な理由で産科受診をためらっていませんか?

安心安全な出産を迎えるために、妊婦さんの健康とお腹の赤ちゃんの成長を確認することはとても大切です。玉野市では、低所得の妊婦さんの経済的負担軽減を図るため、初回産科受診料(妊娠の診断に要する費用)の補助を行い、医療機関と連携してサポートします。​

 

対象者

妊娠判定を受ける日において玉野市内に住民票があり、次の1または2のいずれかの方。

 1 住民税非課税世帯または同等の所得水準である妊婦。

 2 生活保護世帯の妊婦。

※出産を迷っている方も申請していただけます。

※ただし、継続的に妊婦さんの状況を把握し、必要な支援につなげるため、以下の要件を満たす方とします。

< 要件 >

(1)世帯の課税状況を確認することに同意できる方。

(2)妊婦健診の受診医療機関等の関係機関と玉野市が必要に応じて、支援に必要な情報(妊婦健診の受診状況や、家庭の状況等を含む)の共有に同意できる方。

 

助成の内容

妊娠判定に必要な診察・検査にかかる費用

(1回の妊娠につき上限10,000円 ※支払額が10,000円を下回った場合は支払額を補助)

 

助成の流れ

受診前に申請する場合

(1)「助成金申請書」を記入し、こども家庭支援室に提出してください。(申請書は窓口にあります)

(2)「交付決定通知書」と「受診券兼委任書」の交付を受けます。

(3)協力医療機関を受診します。受診時に「受診券兼委任書」を提出してください。

(4)妊娠判定を受けた後、妊娠を継続する場合は、こども家庭支援室で親子健康手帳の交付を受けます。

受診後に申請する場合(償還払いになります)

(1)「妊娠判定受診費用申請書」を記入します。

    妊娠判定受診費用申請書 [PDFファイル/42KB]

(2)必要書類(下記参照)を添えて申請してください。

(3)親子健康手帳の交付がまだの場合は、こども家庭支援室で交付を受けます。

※領収書等を紛失し、初回産科受診に要した費用の確認ができない場合は、受診した医療機関に「受診証明書」を記載していただく場合があります。

※R5年4月1日以降の診察から対象です。

 

請求に必要な物

(1)「妊娠判定受診費用申請書」

(2)領収書及び明細書の原本(明細書は発行されていない場合は不要です。ただし、明細が不明な場合、受診した医療機関に問い合わせることがあります。)

(3)妊娠を確認できる資料(妊娠届出書や超音波写真等)

(4)本人確認書類(マイナンバーカード、免許証等)

(5)振込先の金融機関の口座番号がわかるもの(金融機関の通帳等)

 

妊娠に関する届出・手続きについて

妊娠届出書の提出と親子健康手帳の交付 ​https://www.city.tamano.lg.jp/soshiki/13/2125.html

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

うえへもどる