ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 新型コロナウイルスに関連した感染症について

新型コロナウイルスに関連した感染症について

新型コロナウイルスに関連した感染症について

 市民の皆様へ

 5月14日、岡山県を含む39県について、「新型ウイルス感染症緊急事態宣言」が解除されました。しかしながら、新たな感染拡大を防ぐため、引き続き警戒を続けていく必要があります。

 市民の皆様におかれましては、今後も警戒を緩めず、引き続き、感染予防対策として、手洗いや咳エチケットの徹底と3つの密(密閉空間・密集場所・密接場面)を避けた日常生活に心がけていただくよう、お願いいたします。

また、正確な情報に基づいた冷静な行動と思いやりをもった対応をこれからもよろしくお願いいたします。

  日常生活を送るにあたり、3つのお願いが政府から示されております。
1.少しづつ段階的に…人との接触を減らす努力を引き続き。県をまたいだ移動は5月末まで自粛を。
2.前向きな変化はこれからも…テレワークや時差出勤など改善したことは今後も継続を。
3.日常のあらゆる場面でウイルスへの警戒を…これからも、3つの密を避けて行動を。

玉野市からのお知らせ 「新しい生活様式の実践例」A4版リーフレット [PDFファイル/940KB]

(参考)
→新しい生活様式<外部リンク>
→人との接触を8割減らす、10のポイント<外部リンク>

 次の症状がある方は、医療機関を受診する前に、帰国者・接触者相談センターへ連絡してください。

 以下のいずれかに該当する場合には、すぐに「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある人や透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている人

  • 上記以外の人で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない人も同様です。)

 センターでのご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介します。

<岡山県 帰国者・接触者相談センター>

  (1)備前保健所(24時間対応)
    電話 086-272-3934Fax 086-271-0317
※平日の17時から翌日9時及び土日祝日は、留守番電話につながりますので、応答メッセージに従ってください。
※Faxの受付時間は、平日9時から17時です。
※帰国者・接触者相談センターにご相談いただいた結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談窓口

 新型コロナウイルス感染症について不安なことがある場合は、以下へご連絡ください。

<岡山県>
 新型コロナウイルス感染症電話相談窓口
 
電話 086-226-7877、Fax 086-225-7283
 平日:9時から21時、 土日祝日:9時から17時

<厚生労働省> 
 厚生労働省の電話相談窓口 電話 0120-565653
 9時から21時(土日・祝日も実施) 

関連情報

【岡山県】新型コロナウイルスに関連した感染症について<外部リンク>

【厚生労働省】新型コロナウイルスに関連した感染症について<外部リンク>

コロナウイルスとは(国立感染症研究所)<外部リンク>

咳エチケット(厚生労働省)<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

うえへもどる