ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 安全・防災・消防 > 救急 > 令和4年度 救急の日及び救急医療週間

令和4年度 救急の日及び救急医療週間

9月9日は「救急の日」

 1「救急の日」及び「救急医療週間」は、救急医療及び救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的に昭和57年に定められ、以来、毎年9月9日を「救急の日」とし、この日を含む1週間(日曜日から土曜日まで)を「救急医療週間」としています。

 令和4年度は9月4日(日)から9月10日(土)までが「救急医療週間」です。

救急車の適正利用をお願いします!

 2119番通報で救急車の要請を受けると、本署(田井)、東分署(山田)、西分署(玉原)の中で、最も近い救急車が出動します。救急車は、計6台と限られています。

 最近では、新型コロナウイルス感染症傷病者の搬送や、熱中症の傷病者が増えると同時に救急件数が増大しています。

 救急出動の中には「救急車で行くと優先的に診てもらえると思った」「夜間で、どこの病院へ行けば良いのか分からない」「今日から○○病院に入院するのでそこへ行って欲しい」など、緊急性のない場合が実際あります。

 緊急性のない救急出動中に、本当に必要な傷病者からの救急要請があることも考えられるので、救急車の適正利用をお願いします。

うえへもどる