ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 契約管理課 > 条件付き一般競争入札制度の導入

条件付き一般競争入札制度の導入

平成29年4月から条件付き一般競争入札制度の対象が拡大されます。

変更前

 本市が発注する予定価格(税抜)4,000万円以上の土木・建築工事

変更後

 本市が発注する予定価格(税抜)4,000万円以上の建設工事(全業種)

 条件付き一般競争入札は、郵便入札、低入札価格調査制度の対象となります。

郵便入札について

 玉野郵便局留の一般書留郵便又は簡易書留郵便で入札書を提出します。
 詳細は、入札公告時にHPに掲載します。

低入札価格調査制度について

 低入札価格調査基準を下回る入札があった場合は、適正な施工が可能かどうか、入札者の積算根拠等について市が調査を行います。

低入札価格調査基準

 入札額の低いものから5者(適正な入札者が5者未満の場合は全者)の平均価格×0.9(千円未満切捨)
 算出された数値が予定価格×0.75(千円未満切捨)未満の場合は、予定価格×0.75(千円未満切捨)

フロー

 入札公告(掲示場、HPにも掲載)
 ↓
 入札書受付(玉野郵便局留)
 ↓
 開札
 ↓
 落札候補者の決定
 ↓
 資格審査
 低入札価格調査(該当者がある場合)
 ↓
 落札

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

うえへもどる