ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長寿介護課 > 高齢者住宅改造助成

高齢者住宅改造助成

ご自宅をバリアフリーにする場合の助成事業です

65歳以上の高齢者で、介護保険の要介護認定で要支援または要介護と認定された方の居宅における日常生活を容易にし、かつ介護者の負担を軽減するために住宅の改造費用の一部を助成するものです。

対象者

 以下の要件をすべて満たしている方が対象となります。

  • 65歳以上の高齢者で、要介護認定を受けている方。
  • 市民税非課税であること。
  • 過去に住宅改造の助成を受けていないこと。
    (介護保険の住宅改修助成は助成限度額に達するまで申請できますが、住宅改造助成は同一住宅につき申請できるのは1回となります。)

助成額

 対象工事(利用限度額50万円)の2/3 (介護保険住宅改修の給付対象額は除く)

注意事項

  1. 必ず事前に相談してください。
    (着工前に申請がない場合は、助成できません。)
  2. 原則として同一住宅の改造については1回のみの助成です。
  3. 借家の場合は、家主の了解が必要です。
  4. 住宅の新築、増築及び全面的な建替工事は助成対象となりません。
  5. 直接関係ない工事や必要以上の改造工事は助成対象となりません。

必要書類

 申請時の書類のうち、申請書は以下[関連書類]からダウンロードできます。
 その他の書類は、事業所等の任意様式で提出ください。

申請時

 1.申請書
 2.平面図
 3.承諾書(対象者本人の住宅でなければ必要)
 4.内訳書(見積書)
 5.写真(着工前日付入)

完了時

 6.完了届
 7.領収書
 8.竣工届
 9.写真(完了後日付入)
 10.請求書

詳しくは、関連書類の「住宅改修の前に」を参照ください。

関連書類

工事前の提出書類

工事後の提出書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

長寿介護課
長寿支援係
介護保険係
介護管理係
うえへもどる