ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長寿介護課 > 介護保険料の納め方

介護保険料の納め方

65歳以上の方の介護保険料の納付方法は2種類あります。

第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料の納付方法

  1. 特別徴収 介護保険料を年金からの天引きにより納める方法です。
  2. 普通徴収 介護保険料を納付書や口座振替により納める方法です。

第2号被保険者(40歳から64歳までの方)の保険料の納付方法
ご加入の健康保険で、介護保険料もあわせて納めます。

第1号被保険者(65歳以上の方)の介護保険料の納付方法

1.特別徴収

年金が年額18万円以上の方は、年金から天引きされます。

  • 保険料年額を年金の支払い月に年6回に分け差し引きます。
  • 老齢福祉年金は天引きの対象とはなりません。

※4月、6月支給分の年金から天引きされる金額は、前年度2月に天引きされた金額と同額となります(4月又は6月から年金天引きが開始される方については、前年度の所得状況をもとに仮に計算します)。介護保険料が7月に確定した後に、8月以降の年金天引き額を調整します。

2.普通徴収

年金が年額18万円未満の方は、納付書又は口座振替により納めます。

  • 年額を毎年7月から翌年の3月の9期に分けて納めます。
  • 便利で確実な口座振替をご利用ください。

※本来は特別徴収になる方でも、一時的に普通徴収になる場合があります。

  • 年度途中で65歳になった
  • 年度途中で他の市町村から転入した
  • 保険料が減額になった
  • 年金が一時的に差し止めになった
  • 特別徴収の方で年度途中に増額になった場合の増額分

第2号被保険者(40歳から64歳までの方)の介護保険料の納付方法

国民健康保険に加入している方

国民健康保険の医療分と介護分を合わせて国民健康保険料として、毎年7月から翌年の3月まで9期に分けて世帯主が納めます。

政府管掌健康保険、健康保険組合等、職場の健康保険に加入している方

それぞれ設定された保険料率と給与の額によって算定され、健康保険の医療分と介護分が毎月の給料と賞与から天引きされます。

長寿介護課
長寿支援係
介護保険係
介護管理係
うえへもどる