ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長寿介護課 > 要介護認定高齢者も障害者控除の対象になる場合があります

要介護認定高齢者も障害者控除の対象になる場合があります

障害者控除対象者認定とは

 障害者手帳を持たない人も、下記対象者に該当する場合は、所得税・市県民税の障害者控除を受けることができます。
 (対象者自身と、対象者を扶養する人にも控除が適用されます。)
 障害者控除の認定を受けるには、申請が必要です。
 希望する人は、長寿介護課で申請してください。確定申告の際に必要な「障害者控除対象者認定書」を交付いたします。

対象者

 認定の対象となる年の12月31日時点(亡くなられた人は死亡日)で次の1・2両方に該当する人

 1.玉野市に住所を有する満65歳以上の人

 2.介護保険の要介護認定「要介護1~5」を受けている人

 ※「要介護1・要介護2」の人は、介護を必要とする内容・程度により、認定されない場合があります。

申請に必要なもの

  • 障害者控除対象者認定申請書 ※下記からダウンロードできます。
  • 対象者の介護保険被保険者証(郵送の場合はコピー可)
  • 申請者の印鑑
  • 郵送の場合は、返信用封筒(切手を貼り、申請者の住所・氏名を記入したもの)を同封してください。

申請できる人

  • 認定を受けようとする本人
  • 本人の扶養者等(配偶者、子、後見人、本人を現に保護する人)

その他

  認定の対象となる年の翌年1月から交付します。必要な人は、毎年、確定申告前に申請してください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

長寿介護課
長寿支援係
介護保険係
介護管理係
うえへもどる