ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長寿介護課 > 自己評価・外部評価の実施方法が改正されました(認知症対応型共同介護事業所)

自己評価・外部評価の実施方法が改正されました(認知症対応型共同介護事業所)

  認知症対応型共同生活介護の事業所(以下「GH」という。)における外部評価の取扱いが、令和3年度から改正され、従来どおりの外部評価機関による評価、または新制度の運営推進会議を活用した評価のいずれかを選択して評価を受け、その結果を公表することとなりました。

自己評価及び外部評価の実施方法等

 GHは、原則として年度内に1回以上、自己評価及び外部評価を行い、評価結果を公表する必要があります。
 令和3年度より、GHの自己評価及び外部評価について、(1)の従来どおり、または(2)の新制度を選択して実施してください。
 (1)「外部評価機関による評価」の実施(従来どおり)  
   様式
    
自己評価・外部評価、目標達成計画 [Excelファイル/113KB]
   参考
   
岡山県HP 地域密着型サービス評価について (新型コロナウイルス対応について) 
     https://www.pref.okayama.jp/page/272613.html<外部リンク>
 
      
 (2)「運営推進会議を活用した評価」の実施(新制度)     
  〇実施内容
「自己評価」
 事業所の全従業員が、自ら提供するサービスの内容について評価し、その上で確認や話し合いを行った結果を以下の様式「自己評価・外部評価・運営推進会議活用ツール(以下「ツール」という。」の「自己評価」欄に記載する。
「外部評価」
 自己評価に基づき、運営推進会議を活用し、現状の課題や質の向上に向けて、運営推進会議で話し合いを行った結果を「ツール」の「運営推進会議で話し合った内容」欄に記載し、客観的な第三者の観点からの評価を「ツール」の「外部評価」欄に記載、「記述」欄には新たな課題や改善点に向けての取組などを記載する。
  (2)を選択した場合は、 外部評価の免除の回数を2年に1回とする要件のうち「外部評価を5年間継続実施」の要件に該当しません。
    様式
 
・ 自己評価・外部評価・運営推進会議活用ツール [Excelファイル/22KB]
   参考
 
「指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準」第97条第7項に規定する自己評価・外部評価の実施等について [PDFファイル/121KB] 
 ・「指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準」第3条の37第1項(第182条第1項において準用する場合を含む。)に規定する運営推進会議を活用した評価の実施について [PDFファイル/105KB]
   

 提出について

  
 〇方法
 (1)または(2)による評価結果を、郵送、持参、Emailkaigokansa@city.tamano.lg.jp(玉野市)のいずれかで提出してください。押印不要です。
 〇期限及び回数
 年度内に1回以上。

新型コロナウィルス感染症拡大防止に係る外部評価への対応について


  ただし、(1)を選択して実施し、外部評価の実施回数を2年に1回とする要件について、新型コロナウィルス感染症の状況を踏まえ、令和3年度の外部評価を文章等により実施した場合又は令和4年9月30日までに延期した場合は、やむを得ない事情によるものとして、5年間継続要件に該当します。
  なお、免除規定に該当する場合は隔年になりますが、自己評価の提出は年度内に1回以上は必要です。
     参考
 ・新型コロナウィルス感染症拡大に係る認知症対応型共同生活介護事業所における外部評価(外部評価期間によるもの)への対応について(通知) [PDFファイル/103KB]
  ・「「指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準」第97条第7項等に規定する自己評価・外部評価の実施等について」等の一部改正について(通知) [PDFファイル/100KB]
 ・新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る認知症対応型共同生活介護事業所における外部評価(外部評価機構によるもの)への対応について [PDFファイル/99KB]

  新規に開設する事業所については開設後、概ね1年以内に提出してください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

長寿介護課
長寿支援係
介護保険係
介護管理係
うえへもどる