ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長寿介護課 > おむつ代の医療費控除

おむつ代の医療費控除

確定申告時におむつ代としての医療費控除に使う証明書について

 医師が必要と認めるおむつ代については、確定申告などの際に「おむつ使用証明書」や「医療費控除(おむつ代)に係る証明書」とともにおむつ代の領収書を添付することにより、医療費控除の対象として申告することができます。

 ただし、医療費控除額は、医療費の総額と負担された方の所得金額によって異なります。詳しくは、市役所税務課(32-5510)又は玉野税務署(31-2131)へお尋ねください。

1 「おむつ使用証明書」

 傷病等のために概ね6ヶ月以上寝たきりであり、医師の治療のもとにおむつを使う必要があると認められるとき、医師が発行する証明書です。
 ※診察料や文書作成料が必要となります。(詳しくは各医療機関へお問い合わせください。)

2 「医療費控除(おむつ代)に係る証明書」

 おむつ代について医療費控除を受けるのが2年目以降の人で、次のア・イのいずれにも該当する人に対し、市長が交付する証明書です。
 申請する場合は、「医療費控除(おむつ代)に係る証明書交付申請書」に記入・押印し、「介護保険被保険者証」と一緒に玉野市長寿介護課へ申請してください。

  •  要介護認定を受けていること。
  •  玉野市が保有する要介護認定資料(主治医意見書)において、以下の事項が確認できること。(1~3の全部の条件を満たすことが必要です。)
    1. 意見書の作成日が、おむつを使用した当該年であること。
    2. 「障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)」が「B1~C2」であること。
    3. 尿失禁の発生可能性が「あり」であること。
      ※1~3の条件に該当するかどうかは、申請を受けて長寿介護課で確認します。

窓口に持参するもの (10番窓口)

  • 申請書(窓口にもありますのでお声かけください。)
  • 介護保険被保険者証
  • 被保険者本人の印鑑
  • 提出者が代理人の場合は代理人の印鑑

※証明書は窓口交付できます。(証明書発行までに15分程度かかります。)

郵送で申請する場合

  • 申請書(被保険者番号等の必要事項を記入し、必要箇所に押印したもの)
  • 介護保険被保険者証の写し

※証明書は提出者の住所に送付します。

関連書類 ※ダウンロードします

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

長寿介護課
長寿支援係
介護保険係
介護管理係
うえへもどる