ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境保全課 > 廃食用油のバイオディーゼル燃料化(令和2年度実績)

廃食用油のバイオディーゼル燃料化(令和2年度実績)

廃食用油からバイオディーゼル燃料を精製し、ごみ収集車へ使用しています。

 東清掃センターでは、回収した廃食用油をバイオディーゼル燃料(以下BDF)に精製して、ごみ収集車の燃料として使用しています。
 BDF使用のメリットは、てんぷら油の排出による水質汚濁を防止することのほか、投入した車両の排気ガスは、通常の軽油より硫黄酸化物や黒煙の排出が少なく、大気汚染の防止にもつながるところにあります。また、資源の有効利用ができ、地球温暖化防止にもつながっています。

※平成26年度まで、東清掃センターの廃食用油燃料化施設でBDFの精製を行っていましたが、現在は回収した廃食用油をBDF精製業者へ引き取ってもらい、精製された燃料を納入するよう変更をいたしました。

 廃食用油の回収・利用状況は、下記関連書類のとおりです。

令和2年度バイオディーゼル燃料報告書 [PDFファイル/6KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

うえへもどる