ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 骨髄移植等により定期接種で得た免疫を失った方に対する再接種費用を助成します

骨髄移植等により定期接種で得た免疫を失った方に対する再接種費用を助成します

骨髄移植等により免疫を失った方への再接種費用の助成

骨髄移植等(骨髄移植、末梢幹細胞移植、さい帯血移植)により既に行った定期予防接種で得た免疫が消失し、再度予防接種することが必要であると医師に判断された場合、その費用は自己負担となります。
そこで、玉野市では令和4年8月1日から予防接種の費用の助成制度を開始しました。
制度の利用に当たっては、事前申請が必要です。事前に玉野市健康増進課(0863-31-3310)まで、ご相談の上、接種までに余裕を持って手続きをしてください。

助成対象となる方

次の1から3の全てに該当する人
1 再接種日において、玉野市内に住民票を有する20歳未満であること
2 骨髄移植等により、過去に受けた定期予防接種で得た免疫が低下又は消失したため、再接種が必要であると医師に判断さていること
3 再接種日が、令和4年4月1日以後であること

対象となる予防接種

予防接種実施規則の規定によるワクチンのうち、BCG、ロタリックス及びロタテックを除いたもの。
また、予防接種実施規則の規定に基づき、適切に接種されたものであること。

助成金額

実際に医療機関に支払った金額と、玉野市が定める金額のいずれか低い額

助成方法

申請を希望する場合は、事前に必ず玉野市健康増進課(0863-31-3310)へお問合せください。審査に時間を要するため、接種までに余裕を持って手続きをしてください。

任意予防接種を受ける前の申請書類

下記の書類を健康増進課へ提出してください。審査後に通知書を交付します(審査の結果不認定になった場合も通知します)。

玉野市骨髄移植後等の予防接種再接種費用助成対象認定申請書 [Wordファイル/22KB]
玉野市骨髄移植後等の予防接種の再接種にかかる医師の意見書 [Wordファイル/20KB]
・骨髄移植などを行う前に定期予防接種を受けた履歴が確認できるもの(親子健康手帳)

認定された任意予防接種を受けた後の予防接種費用助成に必要な書類

玉野市骨髄移植後等の予防接種の再接種費用助成金交付請求書 [Wordファイル/26KB]
・予防接種実施医療機関の領収書(対象者が接種した予防接種の種類が記載されているもの)
・予防接種の再接種歴の分かるもの(親子健康手帳、予防接種済証の写し等)
・振込先金融機関口座が確認できる書類

予防接種費助成申請書は予防接種を受けた日から2年以内に提出してください。

うえへもどる