ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農林水産課 > 鳥インフルエンザに関する相談窓口

鳥インフルエンザに関する相談窓口

 鳥インフルエンザが発生した場合は、感染した鶏や同一農場の鶏はすべて殺処分され、消毒などの徹底した防疫措置がとられます。さらに、安全性が確認されるまで、出荷が制限されるため、感染した鶏肉や鶏卵が市場に出回ることはありません。

 また、鶏肉や鶏卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスがヒトに感染することはないと、国の食品安全委員会が発表しています。

 以上のことから、国内で流通する鶏肉や鶏卵は安全であり、正確な情報に基づいて、冷静に対応していただきますようお願いします。

 鳥インフルエンザに関する詳細な相談窓口は、岡山県ホームページ<外部リンク>に掲載しています。

うえへもどる