ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

近畿玉野会

近畿玉野会をご紹介します。

近畿玉野会の画像1近畿玉野会の画像2

 近畿玉野会は、近畿各方面に在住の玉野市出身並びにゆかりのある方々で、各界の代表者・有識者から構成されており、玉野市の地域活性化のため、さまざまな活動を行っています。
 このたび、近畿玉野会会長の久富様から寄稿いただきましたので、ご紹介いたします。

 去る平成26年11月18日火曜日、新大阪ワシントンホテルプラザにて【第6回近畿玉野会】が開催されました。(18時00分~21時00分)
 丸5年が経ち第6回目を迎えたことを機に会長が冨さんから久富に交替し、会場も変更いたしました。
 今回は約60名が集まり、女学校時代の方から平成3年生まれの若い方まで幅広く、世代を超えてふるさと玉野に思いを馳せ、大いに盛り上がりました。年に一度の集まりで、ふるさと玉野が共通の話題です。
 岡山県議会議員、玉野市長を始め玉野市から市議会議員や職員の方、商工会議所会頭、近畿東京会会長も参加していただきました。
 市長のふるさと玉野の現況の報告に参加者の皆さま笑顔で聞き入っていました。県下で他の市町村に先駆けて作られた、市民会館、図書館、給食センターなど公共施設が軒並み老朽化して、建て替えの時期に来ている話、ふるさと納税の奨励などです。

 例年この会は、まず30分ほど玉野市出身の高名な方の講演の後、懇親会と進行します。
 今回は株式会社藤田建築設計事務所・代表取締役 藤田茂信氏に『木に学ぶ』と題して講演して頂きました。若き日に出会った高名な宮大工(西岡常一)さんにかわいがっていただきたくさんのことを教わったそうです。1000年育てた木は、1000年使わないといけない。1000年もつ。その代表が法隆寺。木の種類・部位など特性を知って用いる。曲がっり、くねった木(あてという)は嫌われがちだが木船の底に用いて便利など、木に役に立たない個所はない。人とて同じで、役に立たない人材はないなど、話は人生観にまで及び大いに感銘を受けました。

 近畿玉野会は毎年11月中旬から下旬に開催されます。ご案内は10月頃に掲載しますのでお誘い合わせの上、ご参集ください。玉野市がより元気になるように応援をしましょう。市のフェイスブックも楽しみましょう。
 近畿玉野会では常に新しい会員を募集しております。「懇親会」のほかにもさまざまなイベントを行っていますので、お近くに玉野市ご出身の方々がいらっしゃいましたら、是非お誘い合わせてご参加ください。玉野にゆかりのある方すべてに参加資格があります。入会金や年会費は一切ありません。当日の会費のみです。

平成26年12月1日 近畿玉野会会長 久富義郎(大阪回生病院 院長)

近畿玉野会事務局 株式会社ダイヤモンドソサエティ 秘書室 香月(かつき)
 Tel:06-6765-6001 Email:hisho@d-society.com

お問い合わせ

秘書広報課
政策秘書室
電話:0863-32-5500
ファクシミリ:0863-32-5508
E-Mail:secretary@city.tamano.okayama.jp

うえへもどる