ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 下水道課 > 水洗便所や台所で下水が詰まって流れなくなりました。

水洗便所や台所で下水が詰まって流れなくなりました。

水洗便所や台所等の排水が詰まって流れないなどの下水道のトラブルがあったときは、まず原因がどこにあるか調べましょう。

排水設備の画像

公共下水道のトラブルの場合

 取付ますのふたを開けてください。取付ますの中が汚水でいっぱいになっていたら、下水道本管の詰まりです。下水道課へ連絡してください。

公共ますの画像

排水設備のトラブルの場合

 取付ますの中がからっぽの場合は、宅地内排水設備の詰まりと考えられます。建物の持ち主の方などに対応することになります。

 自分で直せる場合もありますが、詰まったものによっては指定工事店でないと直せません。指定工事店の一覧表はこちらにありますので、ご相談ください。工事を依頼する前に指定工事店から見積りをとり、納得したうえで契約しましょう。見積りは複数の指定工事店からとることをおすすめします。

台所のトラップますの詰まりを自分で直す場合

 台所のトラップますを掃除するとトラブルを防ぐことができます。

 下水が詰まる原因のほとんどは台所のトラップますの掃除ができていない場合です。ひと月に1回程度、台所のトラップますのふたを開けて、ごみ取り網やしゃくしなどで清掃しましょう。

 まず、台所の「トラップます」のふたを開けて、ゴミ取り網やしゃくしなどで、マスの中を清掃してください。

 次に、取り除いたご飯粒などは、水気をよく切って、生ゴミとして捨てて下さい。

 また、食用油の廃油などの油脂類は、直接排水しないよう、新聞紙などで吸い取り、処分するようにしてください。

トラップますの画像

水洗便所の詰まりを自分で直す場合

 水洗便所が詰まっていたら、「ラバーカップ」という道具で直せる場合もあります。

 詰まったことがわかったら、水を流さないようにしてください。そのままで流すと、汚水が便器からあふれ、事態をますます悪くします。

 まず、透明ビニールシートの中央に穴を開け、ラバーカップの柄を通してください。作業時に汚水が周囲に飛び散るのを防ぎます。

 次に、便器の排水入口にラバーカップを密着させ、静かに押しつけ、勢いよく引いたり押したりを、数回繰り返して下さい。

 そして、詰まりが取れたようであれば、バケツで水を少しずつ流して、スムーズに流れるかどうかを確かめてください。

 それでも、流れが悪い、その後も詰まる場合は、異物が残っている可能性があります。このような場合はラバーカップでは取れませんので、公共下水道排水設備指定工事店に点検を依頼してください。

ラバーカップの画像ラバーカップの使い方の画像

水洗便所や台所でトイレットペーパー以外のものを流したり、一度に多量のものを流したりすると、詰まることがあります。

うえへもどる