ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

不在者投票の概要

投票所に行けない人も投票できる不在者投票制度


大切な1票を無駄にしないためにも、ぜひご活用ください。

不在者投票は、選挙期日より前に指定の投票所以外で投票できる制度です。
選挙期間中に「市外に滞在している」「老人ホームや病院に入っている」などの方が、利用できる制度です。

玉野市選挙管理委員会に投票用紙を請求していただき、
最寄りの自治体の選挙管理委員会・入所中の老人ホーム・入院中の病院で投票するものです。
投票用紙を請求するための書類は、選挙が近づくとそれぞれの選挙のページに掲載します。
詳しくは以下をご覧いただき、ぜひご活用ください。

なお、選挙期間中、1日でも投票可能な日がある場合、
もっと手続きの簡単な「期日前投票」をする方法もあります。
このページ下部の「期日前投票制度」をクリックしていただき、
そちらも併せてご確認・ご活用ださい。

不在者投票ができる人
1号 仕事など 仕事、学業、地域行事の役員、本人・親族の冠婚葬祭
2号 レジャーなど 用事・旅行・レジャーなどで市外・投票区外に外出・滞在
3号 病気など 病気・出産・身体障害などで歩行が困難・入院・入院予定
4号 交通至難 交通至難の島などに居住・滞在(玉野市は該当しません。)
5号 住所移転 住所移転のため、市外に居住
6号 天災・悪天候 天災・悪天候により、投票所への到達が困難

不在者投票の流れ

玉野市選挙管理委員会に投票用紙を請求する。
 ↓ ※
指定された住所に、投票に必要な書類一式が届く。
 ↓ ※
届いた書類一式を持って、最寄りの自治体の選挙管理委員会に行く。
 ↓
担当者の指示に従い、投票。
 ↓
投票した用紙が、投票した自治体から玉野市選挙管理委員会に郵送される。
 ↓
選挙期日に、玉野市選挙管理委員会が、指定の投票所に用紙を配達する。
 ↓
届けられた投票所の投票箱に投函される。

(注意)
 ・この一連の流れが、選挙期日の投票所が閉まる時間までに完了しないと
  投票が無効になります。
  ※印の部分は郵送でのやりとりとなるため、直前に投票された場合、
  間に合わない可能性があります。
  貴重な1票を無駄にしないためにも、早めのお手続きをお願いします。
 ・老人ホームや病院などに入られている方は、少し手続きが異なります。
  詳しくは施設の方や選挙管理委員会にお尋ねください。

選挙に関する情報

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
うえへもどる