ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 予防課 > 事故のないイベントにするために

事故のないイベントにするために

イベントでのガソリン等の取扱いには注意しましょう

 発電機の給油中に事故が発生し、多くの人が負傷する事故がありました。
 ガソリンは極めて引火しやすい物質であり、正しい取り扱いをしなかった場合には思わぬ事故を引き起こす可能性があります!!

発電機の給油は必ず停止してから行ってください

 ガソリンは引火点-40℃以下、発火点約300℃ですので、給油中にこぼれたガソリンがマフラー等にかかると発火するおそれがあります。
 給油する際は、必ず使用機器の説明書等をよく確認し、安全に使用してください。

ガソリン携行缶を屋外に放置しないでください。

 灯油用のポリタンクやペットボトルにガソリンを入れることは厳禁です。
 また、ガソリン携行缶を炎天下に置いておくと、タンクの内部圧力が上昇し、開けた時に噴き出す可能性がありますので、十分注意してください。

屋台等でガスこんろ等を使用する際の注意事項

 屋台等でガスこんろ等を使用する場合は、消火器等を設置するとともにガス漏れを防ぐため、ゴムホース等は器具との接続部分をホースバンド等で締め付けるとともに、適正な長さで取り付け、ひび割れ等の劣化がないか点検してください。
 また、プロパンガスボンベを使用する場合は、直射日光の当たらない通気性の良い場所に設置し、転倒しないよう鎖等で固定してください。

 事故のない楽しいイベントになるよう、関係者の皆さんが実施計画等について十分話し合いを行い、安心・安全にイベントが実施されるようご協力よろしくお願いします。

イベント会場等におけるガソリン及びその他火気使用時の留意事項[PDFファイル/132KB]

ガソリン携行缶を安全に取り扱うための留意事項[PDFファイル/107KB]

発電機を安全に取り扱うための留意事項[PDFファイル/297KB]

Lpガスの取り扱いに注意しましょう[PDFファイル/1.61MB]

業務用厨房機器をお使いの皆さまへ[PDFファイル/1.49MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

うえへもどる