ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住居表示

市街地の住所をわかりやすく表示します
 郵便物等の誤配や遅配をなくしたり、人の訪問を容易にするために、今までの町界・町名などを整理してわかりやすいように、家屋に順序よく番号を付けています。

住居表示

 住居表示実施地区内に家を新築したり改築したときに、建物新築届(住居表示に関する届)をすることで、番号を付け表示します。
 建物新築届をされていないときは、住居番号を附番できません。

  • 山田、東児、八浜、荘内地区では住居表示を実施しておりませんので、建物の所在地番がそのまま住所の表示となります。
    実施区域内かどうかの確認は、市民課までお問い合わせ下さい。
  • 土地・進入路等の状況により、隣家と同じ住居番号を附番することがあります。

住居表示の方法

 「街区符号」と呼ばれる「番」で表示される符号と、「住居番号」と呼ばれる「号」で表示される番号により表示します。

住所の表し方(例) 「丁目」「街区符号」「住居番号」の順になります。

 住居表示実施前 玉野市宇野1丁目 3200番地1

             ↓

 住居表示実施後 玉野市宇野1丁目 27番 1号

住居表示による変更の証明

 住居表示による変更の証明は、市民課住民記録係で行っています。

利用料金

 無料

必要書類等(申請書は印刷してお使い下さい)

 住居表示証明願 [Wordファイル/32KB]

関連記事

建物新築届

うえへもどる