ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子どもの権利条約をご存じですか?

みんなで学ぼう わたしたち ぼくたちの権利

「子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)」は、子どもの基本的人権を国際的に保障するために定められた条約です。
18歳未満を「児童(子ども)」と定義し、子どもの人権の尊重、保護の促進を目指し、保育、教育、非行、子どもの福祉、親子関係を含む、あらゆる子どもたちの問題を考える際の基準となるものです。
1989年に国連総会で採択され、1994年には日本も批准(ひじゅん)しました。
条約の中では、大きく分けて次の4つの子どもの権利を守るようになっています。

  • 生きる権利
  • 育つ権利
  • 守られる権利
  • 参加する権利

子どもがみんな幸せに、責任ある大人になってもらいたいというのは世界共通の願いです。
そのため、様々な「子どもにとって最も良いこと」について条例の中で定められています。

皆さんも、子どもの権利について考えてみませんか。
くわしくは、下記リンク先をご覧ください。

関連リンク

うえへもどる