ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > ごみ・環境 > ごみ・リサイクル・し尿 > 分別・リサイクル > コンポスト容器で生ごみを減らしましょう(補助制度あり)

コンポスト容器で生ごみを減らしましょう(補助制度あり)

生ゴミは堆肥(たいひ)に生まれ変わります!

 

あ
 生ゴミは燃えるごみの日に出すと、燃やして灰になり埋められてしまいますが、コンポストにすることで、植物や農作物を育てる肥料として新たに生まれ変わります。

どうやって作るの?

その1 容器式

○屋内用と、屋外用があります。あ
○毎日かき混ぜる必要があります。
○サイズや機能は様々ですが、価格は3,000円~10,000円程度です。
○ホームセンター等で販売されています。

 

 

その2 電気式

○屋内用と、屋外用があります。s
○臭いが出にくく、屋内でも清潔に使用できます。
○電気代がかかります。
○サイズや機能は様々ですが、価格は20,000円~100,000円程度です。
○家電製品店等で販売されています。

 

その3 ダンボールでも“楽しく簡単に”作れます

作ってみよう!ダンボールコンポスト [PDFファイル/752KB]

あ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補助制度があります

 容器の購入費用の一部を補助する制度があります。

 詳しくは、市ホームページ【生ごみ処理容器設置補助金のご案内】をクリックしてご覧ください。

コンポスト、成功のポイント!

1.水切りが大切です!
  生ゴミは、水分が多いと腐りやすくなります。
  水気はしっかり切ってから入れましょう。

2.1日に1回はかき混ぜましょう!
  微生物は空気が大好きです。
  かき混ぜることで空気が取り入れられ、ゴミと土がよく混ざり、分解が早く進みます。

3.入れてはいけないものがあります
  割り箸や爪楊枝、プラスチック類は分解されません。
  魚や動物の骨、種、堅い野菜の皮や芯は分解に時間がかかります。

 生ゴミがどんどん分解される様子は、見ていて楽しいですよ!
 ぜひ挑戦してみてください!

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ごみの分別
お知らせ
環境保全課の業務全般
うえへもどる