ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > お別れ > おくやみ > 相続手続きで戸籍を揃えるにはどうすればいいですか

相続手続きで戸籍を揃えるにはどうすればいいですか

Q:このたび母が死亡したため、相続手続きが必要となりました。
「母の出生から死亡までの戸籍」を揃えるよう言われましたが、やり方が分かりません。
どうしたらよいでしょうか?

A:所在が判明している戸籍から順に請求していただくこととなります。

 相続・年金手続等により必要となるものですので、証明が必要な項目・必要通数等については、提出先(銀行・保険会社など)によくご確認のうえ請求してください。

 なお、申請書の記載内容によっては、死亡記載のある戸籍のみの請求と判断することがあります。
 交付申請書には、必ず、「母○○の出生から死亡まで連続した戸籍が●組必要である」旨を記入してください。

手順の一例

1) お母様の「お亡くなりになった時点の本籍地」を確認する

 お母様のお亡くなりになった時点の本籍地は、たとえば以下のような書類に記載されています。

  • お母様の、本籍地入りの住民票除票(死亡により除かれた住民票)
    ※ 除かれてから5年以上経過したときは、証明発行ができません。
  • お母様の、埋葬許可証
    (お墓に収めるときに必要となる書類で、火葬のときに斎場職員から渡されます。)

 その他、以下のような書類に記載された本籍地から戸籍をたどることもできます。

  • ご自分やご兄弟の戸籍の、婚姻事項中の「従前戸籍」欄
  • 古い免許証の「本籍」欄
  • 他のご親族の相続手続等の際に請求していた、戸籍の控え

2) お母様の本籍地の市区町村役場に戸籍を請求する

 戸籍は、本籍地の市区町村役場の窓口で直接請求するほか、郵便請求することもできます。郵便請求手続の詳細については、郵便請求手続の詳細については、こちらからご確認ください。

 なお、直系親族以外からの請求には、原則として委任状が必要です。

 また、請求時には、「必要とする戸籍」と「請求者」との関係を明らかにする必要があります。
 ご自分の戸籍など、お母様との親子関係が分かる戸籍も併せてご準備ください。(コピー可)

3) お母様の戸籍の異動を確認する

 お母様の婚姻事項中の「△△から入籍」、または本籍欄の側の「△△から転籍」などの記載を探し、△△が属する市区町村役場に戸籍を請求をしてください。

 送付先市区町村の住所や戸籍の見方がよくわからないときは、関係戸籍一式をご持参のうえ、市民課窓口でご相談ください。

4) 上記2)~3)を、お母様の「出生事項がはじめて記載された戸籍」まで繰り返す

 玉野市では、平成16年1月31日付で、戸籍のコンピュータ化をしています。
 このため、上記日付以降に死亡届出をされたときは、最低でも以下の3通があるかと思います

  • コンピュータ改製後の戸籍
    (=平成16年1月31日以降で、お母様の死亡記載がある戸籍)
  • ご両親の婚姻により編製された、平成改製原戸籍
    (=コンピュータ改製前の、ご自分やご兄弟の出生事項がはじめて記載された戸籍)
  • お母様の婚姻前の戸籍
    (=お母様の出生から婚姻除籍までの記載がある、母方の祖父母の戸籍)

 ※ 出生・死亡時期や、戸籍異動(離婚・養子縁組・転籍など)の有無によって、必要となる戸籍1組あたりの通数は変動します。

よくある質問

  • 戸籍は、「本籍地」と「筆頭者」の組み合わせにより特定されるものです。
    ご自分の本籍地が分からないときは、こちらを参考にご確認ください。
  • 現在の戸籍は、夫婦とその子を単位として編製されます。
    婚姻届で「夫の氏を称する」届出をされたときは夫、「妻の氏を称する」届出をされたときは妻を筆頭者として夫婦の新しい戸籍が編製され、ご両親の戸籍からは除かれます。
  • 筆頭者」とは、「戸籍の一番最初に記載された方」のことです。
    筆頭者はお亡くなりになっても、変更されることはありません。
  • 出生事項中の「出生地」は、あくまでも「生まれたところの住所の表示(病院の住所など)」ですので、本籍や当時の住所などとは異なります。
  • 出生から死亡まで」の戸籍の提出を求められているときは、通常は、「生まれて一番最初に記載された戸籍」から「死亡記載のある最期の戸籍」まで、該当者が戸籍の名欄に一度でも記載されたことのあるすべての戸籍が必要です。
  • 婚姻などで戸籍の異動があるときは、他市区町村へ戸籍を請求する必要があります。
    例えば、婚姻前の本籍地で「必要とする戸籍」と「請求者」との関係(直系親族であること)の関係が確認できないときは、その関係を証する戸籍(ご自分の戸籍など)を必ず窓口で提示してください
    玉野市、岡山市各区、倉敷市のいずれかに本籍のある人は、この3市のいずれの窓口からでも、戸籍証明書の交付請求ができます。
    それ以外の市区町村に本籍のあるときは、郵便請求でお願いします。

関連記事

郵便請求したいのですが、どうしたらいいですか?

うえへもどる