ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

気象に関する特別警報

平成25年8月から『特別警報』の発表が開始されました

 気象庁では、これまで大雨や地震、津波、高潮などによって、重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけてきました。
 平成25年8月30日午前0時からは、より甚だしい大雨や大きな津波等が予想され、重大な災害が発生し、被害が生じる危険性が高まっていることをお知らせし、特別な警戒を呼び掛けるために、気象庁では新たに「特別警報」を発表しています。

 特別警報の対象となる現象は、「東日本大震災」や、国内の観測史上最高の潮位を記録し、犠牲者5,000人以上を出した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらし、死者・行方不明者合わせて98名を出し、岡山県でも記録的な大雨となった「平成23年台風第12号」の豪雨等が該当します。

 津波、火山噴火については、それぞれ大津波警報、噴火警報(レベル4以上)など、既にある警報のうち、危険度が非常に高いレベルのものを特別警報として、従来の名称のまま発表されます。

 特別警報が発表された場合、対象となる地域では数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。津波(大津波警報)であれば、何より高いところへの避難が必要です。大雨や高潮などの風水害の場合は、避難のために外出することが既に危険となっている場合もあります。屋外の状況や、市からの避難指示・勧告等に留意し、避難所へ避難するか、屋内の比較的安全な場所にとどまるかなど、ただちに命を守るための判断・行動を行ってください。

 また、特別警報が発表されないからといって災害が発生しないということではありません。従来の警報はこれまでと変わりなく、重大な災害のおそれがあるときに発表されますので、警報が発表された時点で十分な警戒が必要です。大雨等の際は、時間を追って発表される注意報、警報やその他の気象情報を活用して、早め早めの行動をとることがあなたや家族の命を守ります。

 『特別警報』が発表された場合には、テレビやラジオ、防災メールなどの様々な方法で伝えられますので、ただちに命を守るために判断・行動してください。
 詳しくは、下記リンクから気象庁ホームページをご覧ください。

関連リンク

気象庁ホームページ「特別警報が始まります」<外部リンク>

問合せ先

気象庁岡山地方気象台防災業務課
電話番号 086-223-1334

防災関連情報
うえへもどる