ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

玉野市商業振興対策事業

地域で頑張る商店会を応援します!

市内の商店街団体等が各種行事を行う場合に必要な経費に、補助金を交付する制度です。

補助対象者

(1)商店街振興組合またはその連合会

(2)事業協同組合またはその連合会(玉野マリンカード協同組合)

(3) (1)・(2)以外で、商店街を構成する中小事業者の団体であり、その構成員が共同して組織的な活動を活動を行っているもの、またはその連合会(任意の商店会および商工会・市商連)

※商店街…店舗が一定の地域に近接して連続している、または地域的にまとまって買い物の場としての機能を果たすもの

(4)共同店舗事業または連鎖化事業を計画する準備組合

(5)商工会議所、商工会またはその連合会

(6) (1)~(5)に係る団体の構成員である若手商業者や女性等が、特定の目的をもって組織した任意の団体

(7)その他、市長が適当と認める商業団体

補助対象事業、補助額等

 
事業名 事業内容 補助対象経費 補助対象者 補助率・限度額
1.研修事業 研修会、講習会開催のための講師の依頼や先進地視察等 旅費・報償費・需用費・使用料等 (1)~(7) 2/3 ・ 5万円
2.宣伝促進事業

商業マップ・パンフレット・タウン誌などの新規作成

販売促進事業の啓発事業

報償費・需用費等 (1)~(7)

2/3 ・ 25万円

※年度内1回のみ

※交付の翌年度、翌々年度は申請×

3.催事促進事業

商店街等の活力創出

消費者誘引のための催事事業

旅費・報償費・賃金・需用費・役務費・使用料賃借料・工事請負費・備品費等 (2)(3)(4)(7) 1/3 ・ 50万円
4.販売促進事業 共同で宣伝・売り出し・スタンプラリー等を実施する販売促進事業 報償費・賃金・需用費・役務費・使用料賃借料等 (2)(3)(4)(7) 1/2 ・ (図1)のとおり
5.商店街環境整備事業 アーケード・街路灯・休憩施設・案内板・ストリートファニチャーなど、共同利用施設の整備 工事請負費・備品費 (1)(2)(4)(7) 2/3 ・ 300万円
6.特認事業 市長が特に必要と認めた事業 必要経費 (1)~(7) 1/2 ・ 100万円

 

●販売促進事業の限度額一覧(対象者の会員数による)

(図1)  
補助対象 構成商業者数 限度額
(2)の事業協同組合または連合会等 70名以上 300万円
50名以上 70名未満 200万円
20名以上 50名未満 100万円
3名以上  20名未満 60万円
(3)の任意の商店会等 70名以上 300万円
20名以上 70名未満 80万円
3名以上  20名未満      60万円

 

申請の手順

【事業開始前…交付申請】

1 交付申請書等の提出
  1. 交付申請書 [Wordファイル/75KB]
  2. 商店街団体等の定款、または規約
  3. 事業実施を決議した議事録の写し
  4. 会員名簿
2 交付決定

提出された交付申請書等の内容を確認し、内容に不備がなければ、交付決定通知書を送付します。

【事業実施~完了…実績報告】

3 実績報告書等の提出

※事業完了後、以下の実績報告書と必要書類を提出してください。

  1. 実績報告書 [Wordファイル/58KB]
  2. 広告チラシ、抽選券等
  3. 事業経費の請求書・領収書の写し(内訳記載のもの)
  4. 実施状況の分かる写真

変更承認申請書

事業費が変更になり、補助金の金額が変更になった場合は、変更承認申請書の提出が必要となります。

  1. 変更承認申請書 [Wordファイル/35KB]
 4 交付確定

提出された実績報告書等の内容を確認し、内容に不備がなければ、確定通知書を送付します。

5 補助金の支払い

確定通知書を受理後に請求書を提出していただき、指定口座に振り込みます。

 請求書 [Wordファイル/34KB]

注意事項

  • 単年度事業であることが条件です。(ただし年度内で限度額を超えない範囲であれば、複数回実施が可能です)
うえへもどる